未来へつなごう! 背守り

 孫育て・ニッポンでは、「未来へつなごう」プロジェクトとして、「背守りプロジェクト」を立ち上げ、推進していきます。

このプロジェクトでは、日本の子育て文化を知り、手仕事をしながら、いろいろな世代の人と人とのつながりが生まれるきっかけ作りを目的としています。

孫育て・ニッポンが開催する「背守りちくちく」の会など、背守りを縫える集まりは、下記からをご覧ください。

  


 

背守りとは

 

 

 「背守り」とは、「産着の後ろ襟下につける縫い飾り、飾り物。これをつけることによって申請時に災いがかからぬように願う呪(まじな)いである。

(中略)

魔除け・虫封じの呪いでもある。(『日本民族大辞典』)とあり、「魔除け」や幼子の健やかな成長を祈る心の形象化されたものととらえられている。霊魂の不安定なおさな子は、背から魂が抜けたり、そこから魔が入り込むとされ、産着などの一つ身の着物の後ろ襟から背中などに施された飾りである。

『背守り ― 子どもの魔よけ』 (LIXIL BOOKLET)から